東京の年齢制限なし(無認可)で新型出生前診断が受けられるクリニック紹介

「東京で年齢制限なしの新型出生前診断(NIPT)を受けられる施設はあるの?」
「年齢制限なしのクリニックで新型出生前診断を受ける際にリスクはないの?」

新型出生前診断について調べていると、受けるためには年齢制限があるという情報をご覧になった方もいるかもしれません。
その一方で、年齢制限のないクリニックもあるということをご存じの方もいらっしゃるかと思います。

これらはどちらも間違いではなく、厚生労働省認可の病院で新型出生前診断を受けるには、分娩時に35歳以上であることなどの条件を満たす必要があります(他に検診時などに遺伝子異常の可能性が高いと診断されるなど)。

しかし、無認可のクリニックであれば、年齢の制限なく検査を受けることができます。

このコラムでは、東京で年齢制限なしの無認可クリニックで検査を受けるメリット・デメリットや注意点などについて解説します。
年齢制限なしで受けられる東京のクリニック・東京近郊のクリニックをご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてください。

妊娠中の女性


1、年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)が受けられる東京のクリニック

年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)の検査を東京で受けられるクリニックは、厚生労働省認可外(無認可)のクリニックに限られます。
なぜなら、認可の病院で新型出生前診断を受けるには、次の4つの条件のいずれかに合致しなくてはならないためです。

①分娩予定時に35歳以上であること
 →「高齢の認識は個人によって違う」?という理由で、近年いくつかに施設では年齢制限を撤廃しています。
②胎児超音波検査・母体血清マーカー検査で胎児が染色体異常を有する可能性があると診断されていること
③染色体異常を持つ子どもの妊娠・出産経験があること
④両親のどちらかが均衡型ロバートソン転座を有していること


ただし、これはあくまでも認可の病院で新型出生前診断を受けるための条件であり、無認可のクリニックであれば条件を満たしていなくても新型出生前診断を受けることができます。

「無認可ということは、違法ということ?」とたまに誤解を受けることがありますが、決して違法ではありません。
認可されるにはさまざまな基準が設けられていて、これらに全て合致する病院のみが「認可」とされるということです。

「母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)に関する指針」
・新型出生前診断に関する十分な知識と技術を備えた医師(産婦人科医)が在籍していること
・遺伝に関する専門外来を設置し、産婦人科医と小児科医・遺伝カウンセラーが連携して診療をおこなっていること
・新型出生前診断の結果次第で、羊水検査や絨毛検査などの確定診断を受けられること

認可外のクリニックでは、これらの条件を全て満たしていないわけではなく、クリニックによっては認可の大学病院と同等の設備やサポート体制を整えていることもあります。
従って、無認可だから不安・・・ということではなく、無認可のクリニックで新型出生前診断を受ける際には、クリニック選びがとても大切になるということです。


2、東京の年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)が受けられるクリック一覧(7選)


「無認可のクリニックなら年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)が受けられる」

ということが分かったとしても、実際にどんなクリニックがあるのかが分からなければ探すのが大変ですよね?
ただでさえ妊婦さんは出産の準備と日常の仕事や家事などを両立したり、出産に向けての情報収集をしたりと、なかなかゆっくりと時間が取れないのではないかと思います。

この章では、東京の年齢制限なしで新型出生前診断が受けられるクリニックを7か所ご紹介します。

2-1. 神宮外苑ミネルバクリニック

神宮外苑ミネルバクリニックには、年齢制限なしで受けられるという点を抜きにしても、東京で新型出生前診断(NIPT)を受けたい方にはとてもおすすめのクリニックです。

おすすめするポイントは、次の3点です。
・最先端の技術と充実した設備が整っており、大学病院レベルの診断が受けられる
・国内トップクラスに豊富な新型出生前診断の実績
・専門的な知識に基づいた遺伝カウンセリングあり

神宮外苑ミネルバクリニックなら、出産や新型出生前診断に関するどんなことでも、お気軽に相談できます。
従って、新型出生前診断の意味・目的を把握して、ご自身やご夫婦で納得をして出産をしたい方におすすめのクリニックです。

【神宮外苑ミネルバクリニックの基本情報】
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
TEL:03-3408-3768
minerva-clinic.or.jp/

遺伝カウンセリング:遺伝専門医が対応15,000円~
費用:140,000円~

2-2. NIPT平石クリニック

NIPT平石クリニックは、全国のさまざまな拠点に提携施設を持つクリニックです。

おすすめするポイントは、次の3点です。
・全国に提携施設多数で、東京以外でも受診可能
・土日にも開院しているため、時間の制約が少ない
・遺伝カウンセラー在籍(予約制)

NIPT平石クリニックも、新型出生前診断(NIPT)を受けたい方にとって、平日はお仕事をされている方なども土日に検査が受けられるのは大きなメリットですね。

【NIPT平石クリニックの基本情報】
〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1-26 六本木天城ビル3F
TEL:0120-220-944
www.nipt-clinic.jp/lp/
遺伝カウンセリング:カウンセラーが予約制で対応し、相談できる(料金非公表)
費用:180,000円~

2-3. 東京エバーグリーンクリニック

東京エバーグリーンクリニックは21トリソミー18トリソミー13トリソミーの基本の検査が98,000円~おこなうことができます。

新型出生前診断(NIPT)が1回の来院のみ(20分程度)で受けられるということで、とても手軽に検査を受けることができます。
東京駅からのアクセス面の良さなど、利便性という点ではとても使いやすいクリニックです。

【東京エバーグリーンクリニックの基本情報】
〒104−0031 東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル13F
TEL:03-6262-7087
tokyo-evergreen.jp/nipt/index.html
遺伝カウンセリング:メニュー表記なし
費用:98,000円~

2-4. 八重洲セムクリニック

八重洲セムクリニックは、東京駅へのアクセスも良いクリニックです。

・日本国内で初めて年齢制限なしの新型出生前診断(NIPT)をスタートし、検査数10,000件の実績
・産婦人科医師が対応
・羊水検査まで自院で対応可能

上記のように、妊婦さんが安心して受診できる体制や経験が備わっています。

【八重洲セムクリニックの基本情報】
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-16 エターナルビル4F
TEL:0120-011-073
cem-clinic.com/
遺伝カウンセリング:基本料金に含む
費用:196,000円~

2-5. ヒロクリニックNIPT 東京駅前院

ヒロクリニックは、項目ごとの細やかなプラン設定がされているクリニックです。
また、国内の検査機関にて検査をおこなっており、検査結果が特に早くわかるという特徴があります。

【ヒロクリニックNIPT 東京駅前院の基本情報】
〒104-0028東京都中央区八重洲2丁目1
TEL:0120-169-629
nipt.hiro-clinic.or.jp/hiroclinic/tokyo/
遺伝カウンセリング:5,000円~(検査後のみカウンセラーが予約制にて対応)
費用:50,000円~(21トリソミーのみの検査の場合)

2-6. 青山ラジュボークリニック

青山ラジュボークリニックは、低価格で新型出生前診断(NIPT)を受診できるクリニックです。
21トリソミーのみがわかるNIPTの場合は国内最安

青山ラジュボークリニックの基本情報
〒107-0062東京都港区南青山2-13-7マトリス2F
TEL:0120-710-170
nipt-info.com/
遺伝カウンセリング:なし
費用:49,000円~(21トリソミーのみの検査の場合)

2-7. A CLINIC銀座

A CLINICは、低価格で年齢制限なしの新型出生前診断(NIPT)検査が可能なクリニックです。

【A CLINICの基本情報】
〒104-0061東京都中央区銀座7-3-7ブランエスパ銀座ビル5F
TEL:03-6281-9677
aclinic-biyou.com/ginza/
遺伝カウンセリング:非掲載
費用:88,000円~

3、東京近郊エリアの年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)が受けられるクリック一覧

東京都内には、前章の7か所の無認可クリニックがありますが、東京近郊にも年齢制限なしで新型出生前診断(NIPT)が受けられるクリニックがあります。

東京にお住まいの方の中には、最寄り駅などの都合上、都内よりも近隣のクリニックの方がアクセスしやすいこともあるでしょう。
この章では、東京近郊の年齢制限なしで受けられるクリニックを2か所ご紹介します。

3-1. アンジュクリニック馬車道(神奈川県横浜市)

アンジュクリニック馬車道は、神奈川県横浜市にあるクリニックです。
88,000円からという低価格で新型出生前診断(NIPT)の受付をおこなっています。
東京のNIPTのクリニックで担当した経験のある医師が対応しています。

【アンジュクリニック馬車道の基本情報】
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5丁目-69 KIT関内ビル7階
TEL:0120-747-522
ange.clinic/
遺伝カウンセリング:別途有料(料金の記載はなし)
費用:88,000円~

3-2. 星内科クリニック(埼玉県さいたま市)

星内科クリニックは、東京のNIPT平石クリニックの提携クリニックです。
浦和駅西口から徒歩1分の通いやすい場所に位置しています。

【星内科クリニックの基本情報】
〒330-0074埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-1-11
電話番号:048-831-5750
www.nipt-clinic.jp/lp/kanto/saitama-saitama/
遺伝カウンセリング:なし
費用:180,000円~

4、年齢制限なし以外にもある新型出生前診断(NIPT)の無認可クリニックのメリット

無認可のクリニックで新型出生前診断(NIPT)を受けるメリットは「年齢制限なし」だけではありません。

認可そのものは、新型出生前診断の結果を聞いて、正確な情報に基づいた冷静な判断を妊婦さんが安心して下せるようになるという点で、とても意義のあるものですが、その基準を満たすために年齢制限を始めとした妊婦さんにとってデメリットとなりうる点があるのも確かです。

そのポイントを3点ご紹介します。

4-1. スケジュールに合わせて受診しやすい

認可の病院では、新型出生前診断(NIPT)を受けるために夫婦揃っての受診が必要なところがあり、また遺伝カウンセリングを受けるためなど、採血も含めて最低3回の来院が必要になります。病院側の都合で曜日や時間が決まっていることが殆どです。

無認可クリニックでは、妊婦さん本人が一度来院するだけで受付可能なクリニックが多いです。
十分なカウンセリングをおこなわずに検査をするのは問題ですが、限られた時間の中で重大な決断をしなければならない状況も起こりうる中で、予約状況によっては当日検査も可能などスピーディに検査が受けられることは大きなメリットといえます。

4-2. 検査項目が多い

認可の病院では、21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーの3項目のみしか検査をすることができません。

しかし、無認可のクリニックでは、プランによって全染色体検査や微小欠失検査など3項目以外の染色体異常についても検査をすることができます(基本の3項目は、全染色体異常の半数以下に過ぎません)。

また、無認可のクリニックの大半では、希望をすれば性別についても教えてもらうことができます。

4-3. 分娩などの制約がない

認可の病院の中には、その病院で分娩をする妊婦さんしか新型出生前診断(NIPT)を受けられないという病院もあります。
通院の距離などを考えると、そのような条件がある場合、実質的に新型出生前診断を受けられないこともあるかもしれません。

無認可のクリニックでは、そのような制限がないため、場所や費用などの条件さえ合えば新型出生前診断が受けられないということはありません。

あとは、いかにクリニックや医師を信頼できるかということがポイントになります。

5、新型出生前診断(NIPT)が認可病院では年齢制限なしで受けられない理由

無認可のクリニックのメリットをご紹介すると、そのまま認可の病院のデメリットを表すことにもなってしまいましたが、認可の病院でも意味なく年齢制限を設けているわけではありません。

制度として決まっていることに不満を言っても仕方のないことではありますが、欧米ではむしろ新型出生前診断(NIPT)を受けることが当たり前という考えが浸透していることもあり、疑問に感じる方も少なくありません。

この章では、日本で新型出生前診断に年齢などの制限がかかっている理由を解説します。

5-1. 35歳以上になると遺伝子異常の確率が高まるため


www.mama-corde.com/40saininnsinn/

「出産時のママさんの年齢が35歳を超えると、先天性異常のリスクが高まる」ということは広く知られています。
実際に、リスクの高さをデータとしてみると、35歳を過ぎてから遺伝子異常を持って生まれる割合が高くなることが見て取れます。

そして、先天性異常が生じる割合は、年齢に比例して高くなります。

また、新型出生前診断(NIPT)は100%の結果ではなく、リスクが高いか低いかを示す非確定診断であるということも関係しています。
具体的な数値は検査項目にもよりますが、新型出生前診断を受けて「陽性」の結果が出たときでも、年齢によって偽陽性の割合が大きく異なります。

場合によっては新型出生前診断の結果が「陽性」であっても、妊婦さんが二十代前半の場合、本当に「陽性」である確率が10%にも満たないケースもあります。

これらのケースでは、冷静に判断をして羊水検査もしくは絨毛検査の確定診断を受ければ正確な結果を知ることができますが、「陽性」の結果を見て取り乱してしまう方がいるのも事実です。

そして、このような状況で冷静な判断ができるようにするために、検査をおこなうクリニックには知識や経験の豊富な医師や遺伝カウンセラーが必要とされています。

5-2. 倫理的な理由から

かつてに比べると否定的な見方はだいぶ減ってはきましたが、日本国内では、倫理的な面も問題視されがちです。

ダウン症候群などの先天的異常を妊娠中に診断することは、生命の選択につながるのではないかとの考え方です。
これには、日本では新型出生前診断(NIPT)の利用率が低いため、義務化すべきではないかという真逆の意見もあります。

日本国内では専門家が議論していることでもあり、答えのない問題でもあります。

しかしながら、現状においてはやや保守的な考え方が多数であり、現状の結果として、年齢制限を設けることにより誰でも気軽に新型出生前診断を受けられない状況を設定しているともいえます。

とはいえ、新型出生前診断受診の希望者は年々増加しているので、将来的に状況が変化する可能性はあります。

6、新型出生前診断(NIPT)を安心して受けるために大切なポイント

特に、35歳以下の方が、新型出生前診断(NIPT)を受けるためにはどのようなポイントに注意すれば良いでしょうか?

重要な点は、特に年齢には関係ありませんが、35歳以下の方が新型出生前診断を受ける場合には、ほぼ必然的に無認可のクリニックで検査を受けることになります。

そこで、しっかりと意識しておきたいのは、新型出生前診断は、ただ結果を知って安心するためだけに受けるものではないということです。

もちろん、「陽性」の結果が出る可能性もありますし、可能性としては「判定保留」や「偽陽性(陽性)」といった可能性もあります。
新型出生前診断の結果によっては、その後の確定診断を受けるか否かの判断をするなど、さまざまなシチュエーションが起こりえます。

そのときに、焦ったり取り乱したりしてしまわないために、心から信頼できる医師、遺伝カウンセラーに相談できるクリニックを選ぶことが大切です。

4、まとめ

東京には、新型出生前診断(NIPT)の認可病院と無認可クリニックがあります。

無認可クリニックの大きな特徴の一つが、年齢制限なしという点です。
また、年齢制限の他にも時間の融通が利くことや妊婦さん一人でも来院が可能なことなど、利用者目線でのサービス制度が整っているのは、無認可クリニックならではであるといえます。

このコラム内では、無認可のクリニックを東京7か所、東京近郊2か所の合計9か所ご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

一方、認可病院では、先天性異常のリスクの高さや倫理的な側面などから35歳以上(もしくはその他のリスクが高い要因を持っている)妊婦さんしか新型出生前診断を受けられないという制限があります。


35歳以下の方が年齢制限なしで新型出生前診断を受ける際は、心から信頼のできる医師のいるクリニックをチョイスしましょう。



NIPT都内おすすめクリニック徹底レポートはこちら

コメント