【 NIPT 】東京衛生検査所(ヒロクリニック)が羊水検査開始?その中身とは


東京(関東の)NIPTについて調べているNIPT調査隊です!
NIPTの国内検査を展開している東京衛生検査所(母体はヒロクリニック)が羊水検査のリアルタイムPCR無償で行なうとヒロクリニックのHPに書かれていました。

『羊水検査をやります』ではなく『羊水検査のリアルタイムPCRを行なう』

微妙に表現が違うのはなぜでしょう?
もう少し深く読み解く必要があるのと独自にとあるところにヒアリングをして私なりの仮説を作ってみました!

【前回記事はこちら!】
【NIPT】認可施設では検査しない!性染色体検査(クラインフェルター症候群)
【NIPT】認可では検査しない!微小欠失症候群(5p欠失症候群)
【NIPT】衝撃!認可のNIPTでは染色体異常の●●%しか分からない?

ヒロクリニックのHPにはどう書かれていたの?

※ヒロクリニックHPより

こちらを読む限りでは、ヒロクリニックでNIPTを受けて陽性と結果が出たら、東京衛生検査所で羊水遺伝子検査が受けられると理解しますよね?でも続きを読むと・・・

 

『羊水検査を行なった際には、担当の産婦人科医からの依頼をいただきましたらリアルタイムPCRを行ないます。その検査費用はこちらで負担致します』

??不明なのは、羊水検査は誰がやるの?という点ではないでしょうか。

羊水検査の手順は?

検査はまず、超音波で子宮内の胎児及び胎盤の正確な位置を確かめます。 次に、腹部を消毒し局所麻酔をして羊水検査用の細い針をお腹から刺し、約20mlの羊水を取り検査センターへ送ります。 検査後1~2時間位安静にしていただき、赤ちゃんが元気なことを超音波で確認してからお帰りいただきます。※杉山産婦人科HPより

上記の手順と先程のHPの記述を踏まえて想定すると、

担当の産婦人科医(かかりつけですよね)・・・羊水を採る→妊婦さんと赤ちゃんの安全を確認

東京衛生検査所・・・羊水を検査する→妊婦さんに結果を報告する

という分業のようなイメージが出来るかと思いました。

となると、問題点はないのか?

単刀直入に言えば、

『産婦人科でワンストップでやる以上のメリットって何?』

ということではないかと推測しました。

想定される問題点は

・妊婦さんと付き合いの永く、羊水検査も自身でやっている産婦人科医が検査だけを余所に出すのか?

・産婦人科の先生には内緒でNIPTを受けた人はどうなる?

などなど、いろんなことが想定されますね。。。
そこで、産婦人科に電話してみました!質問は・・・

『羊水検査したいんだけど、検査は違うところに出したいのでそこに送ってもらうことってできますか?』

関東圏の少し有名な産婦人科幾つかに電話してみた!

【こんな質問をしてみました】

NIPTを無認可クリニックで受けて陽性になりました。確定診断として羊水検査を受けたいのですが検査自体は違うところにお願いしたいと思っていて、採取した検体をそちらに送って頂きたいのですがそうした対応して頂くことはできますか?

※どちらの検査会社に出すという具体名は出しておりません

【神奈川県内の産婦人科クリニックの場合】

これはお引き受け出来かねます。当院にお掛かりの妊婦さんでもそうでは無くても羊水検査自体はお受けしていますが、羊水を採取する手技だけということですよね?少なくとも手前どもは責任を持った医療を提供しておりますので、採取した検体がどれ程の検査会社で、実績がどうで、どのような環境で検査されるかにいても責任を持つ必要があります。言葉は悪いですが検体だけをお送りして『後はヨロシク』のようなことは致しておりません。ご容赦下さい。

【東京都内の胎児診断クリニックの場合】

当院は羊水検査はどなた様にもお受け頂けるよう体制を整えておりますが、どちらの検査会社に検体をお出しになるのでしょうか?それが私達から見ても安心できる検査会社さんでしたら妊婦さんのご要望に可能な限りお応えしたいとは思いますが・・・ちなみに陽性の結果について正しく説明を受けていらっしゃいますでしょうか?無認可の施設さんの中には検査後の対応が少し乱暴なところがあると聞いておりますので、一度当院を受診されてお話を聞かせてくれませんか?その上で判断をさせて頂きたいと思います。

多少想像はしていましたが、そりゃそうですよね。羊水穿刺して検体採取だけとか言われたら

『ウチが長年やってきてること信用してもらえないの?』

『どこか分からないところには出せないし・・・』

『そこだけ(検体採取)というならそちらでやられては?』

となってしまいませんかね。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。主観と想像を元にそして電話して実態の確認をして見ました。
特に産婦人科の開業医の先生方はNIPT自体にも否定的な先生もいると聞いてこともありますし、更に無認可クリニックがNIPTで幅を利かしていることを毛嫌いしている先生もいるでしょう。産婦人科の先生の協力を得るのって大変ですよね。
それでも東京衛生検査所(ヒロクリニック)さんは国内検査体制を整え、多店舗展開をして成功されているわけですから、ボクには想像もつかない方法で勝算ありと見込んでおられるのでしょう。

今後の推移を見守りたいと思います。
これからもボクは良いところは良い!ダメなものはダメ!是々非々で!いきます!

これからもより良い選択へのご参考として頂けますよう今後もこのまとめサイトをで情報更新して来たいと思います!では!また次回。

コメント