【NIPT】新事実?5万円のNIPTは通常検査と原価は同じ?

【NIPT】新事実?5万円のNIPTは通常検査と原価は同じ?


7月ももう終わってしまいますが、東京都内のNIPTはいろいろなことがありました。

 ・ヒロクリニックが21のトリソミーのみのNIPTを5万円でスタート(13/18トリソミーも対象)
 ・神宮外苑ミネルバクリニックが第2世代NIPT+遺伝子検査(de novo)をスタート
 ・青山ラジュボークリニックがヒロクリニックに追随して21のトリソミーのみのNIPTを49,000円でスタート
 ・厚労省ワーキンググループが半年ぶりに開催!無認可クリニックのデータが揃わず混乱

また価格競争になるんでしょうか?と危惧しておりましたところに、新事実!
『5万円のNIPT、通常の検査と実は原価は同じ!』
というのをネットで見つけてしまいました!

今回はこちらをお伝えします!※更に新しい事実も!要チェック!

【前回記事はこちら!】
【NIPT】5万円だとリスクの半分を取りこぼすけどいいですか?part2
【NIPT】国内初!お父さんのためのNIPT!マルチNIPT de novoって何だ?
【NIPT】徹底検証!ミネルバクリニックのメニューを考察する!

東京都内を席巻する5万円NIPTに新事実!


神宮外苑ミネルバクリニックHPより
いつものようにネットパトロールしていたらこんな記述が

最近では21トリソミーだけを5万円程度というお値段で検査できるとうたうクリニックもありますが、1つ測っても3つ測っても全染色体を測ってもシークエンサー(塩基配列を決定する機械。イルミナ製)の試薬の値段は実は同じです。試薬代、機械代、人件費などを勘案するとペイできない(赤字になる)金額なので、美容皮膚科の脱毛よろしく安い価格で広告して集患しておいて高いメニューを成約させるというやり方ではないかと感じています。また、21トリソミーは染色体異常の52%を占めるにすぎません。

何ですと!検査の原価は同じですと!
なら5万円で全部教えて欲しい・・・(とはいかないでしょうが)

薄利多売だとは思っていましたが、通常検査と原価は同じってことは、このプランはただの『集客のためだけのキャッチーな数字』であって、実際は上記の通りより単価の高いプランを勧められるのは必至なのでは?だってそうしないと大赤字ってことですよね?ほぼ自社検査のヒロクリニックとベリナタ社に検査を出している青山ラジュボークリニックとでは原価構造が多少異なるかもしれませんが、どちらもとんでもない薄利でというか赤字承知でやっているということではないでしょうか?
※仲田先生、いつもながらに切れ味がスルドイ・・・

また、『その検査では染色体異常の52%を占めるに過ぎません』と書かれてありますね。残りの48%は自らの判断で目をつむるということ。
 
何かおかしいな。
患者さんにより使いやすい価格提示をするのはありがたいけど、『ダウン症以外の48%の疾患は報告をしない』というだけということか?でも実は検査の原価は同じだけどあくまで『患者さんが選択した』という理由で教えることはない。これって患者さんのためになっているのだろうか?こうしたクリニック達が『集客の具』として値段目当てで集まってきた患者さんに

『でもね、ダウン症だけ調べても実は、染色体異常の52%しかわからないんだよ』
『より安心を得るためにはこちらのプランの方が安心だと思うけど』

ってセールストークの意味を強める狙いがありますよね。
不安を煽られたら人間弱いですよ。。。でも、そこにつけ込むのもどうかと思う。※選ぶのは患者さん自身ですから、でも正しい知識を持っておくべきだと思う!

もう一度言いましょう!
21のトリソミーのみのNIPTは全染色体異常の52%しかわかりません!5万円という価格で飛びつくのではなく、

『本当に必要なのか?』
『他のところで受ける検討はしなくて良いのか?』
『より安心を得るためにはどこにすべきなのか?』

をじっくり考えて選ぶべきです。

実はこのページ続きの方が衝撃的(NIPTの裏側)


神宮外苑ミネルバクリニックHPより

注目は緑色の字のところです。

NIPTと一口にいっても、測定する機器はイルミナ製ですが、そこから先の測定方法は各検査会社が開発していてしのぎを削っています。イルミナはあくまでも測定機器の会社であって、測定方法もVeriseqとして販売しておりますが、これが最良とは限りません。イルミナはNIPTを開発した会社の一つであるベリナタ社を買収して傘下におさめ、その技術をもとにVeriseqという商品を独自に世界中の検査会社に販売してきましたが、むしろ、7Mb以下の小さな欠失・重複に対する感度が低いことを問題視する専門家の声も強く、当院でもイルミナ子会社のベリナタで偽陰性がおひとり出てしまい、大変苦しい思いをいたしました。このため、当院としては、イルミナとの付き合いとか、お世話になっているとか忖度することを一切せず、世界中の検査の中から専門医の目で選りすぐって採用することにいたしました。

ということは、最近国内検査をスタートさせたあの衛生検査所『イルミナから支援を受けて・・・』って書いてあったから、この『veriseq(ベリセク?)』ってことなんでしょうか?
イルミナはイルミナであって、ベリナタではありません。なのでベリセク=ベリファイ(ベリナタの検査名)でも無いと思います。※親会社イルミナ子会社ベリナタってことです。
※veriseqについて調べたらこんな画像が

妄想ですが、イルミナが自社のシーケンサーを売るためにNIPTのシステムをパッケージで販売してるということでしょうか?
だとすると、大小あれど検査会社は検査会社ですから自社の検査は他の検査会社同様第3者の評価を受けル必要があるのではないでしょうか?

こちらのページの最後にはこう書かれていました。※ミネルバクリニックさんの見解です。
『世界の最先端な技術、しかもきちんと国際標準な第三者評価を受けて裏付けられた資格を得ている検査所のみと契約して、日本の皆様に良い検査を提供していきたいと思います。※日本の衛生検査所でこの国際標準な第三者評価に合格しているのは上場している大手のたった3社となります』

だそうです。
個人の好みですが、国際的に評価を受けている海外の検査会社と、国内だけどもシステムだけ取り入れて第3者の評価はまだ受けていない駆け出しの検査会社どっちが安心でしょうかね。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。5万円のNIPTの話は。

神宮外苑ミネルバクリニックからの衝撃の内容でした。正論過ぎで驚きしかないですが、皆さんどのように感じましたでしょうか。先日の厚労省ワーキンググループ以降、無認可クリニックは全て悪のような感じでマスコミには書かれてしまっているようですが
かといって認可施設の言い分だけが正しいとも思ってません。産科の開業医が最先端の遺伝子検査について明るいとは思えませんし、勝手にルールをねじ曲げるような人達は信用できません。どちらも妊婦さん不在で自分たちの都合だけですよね。鳴きたくなります。厚労省が何らかのルールを決めるとしてもまだまだ先の話。今はまだ正しい情報は自分たちで取るしか無い状況です。

これからもより良い選択へのご参考として頂けますよう今後もこのまとめサイトをで情報更新して来たいと思います!

では!また次回。

コメント