【NIPT】速報!第3世代NIPTが9週0日で受けられる?その中身は?

【NIPT】速報!第3世代NIPTが9週0日で受けられる?その中身は?

ヤバいです!これは大ニュースかもしれません!
タイトル通り、第3世代NIPTが9週0日で受けられる?かもしれません。
以下早速、詳細をお伝えしますね。

【前回記事はこちら!】
【NIPT】発表!日本小児科学会のNIPT基本姿勢!(日産婦フライング問題)
【NIPT】活字はイヤ!動画でNIPTを知りたい方へ!
【NIPT】告白!なぜ保健所に電話したのか?(東京NIPT最安値を調査中・・・)

神宮外苑ミネルバクリニックがHPで公開!

『当院では、NIPT検査を9週0日からお受け致します。《イルミナ(ベリナタ)》を除く』

これまで国内で実施されているNIPTは妊娠10週0日~がほとんどで、NIPT平石クリニックで扱っているライフコデクス社(独)の検査が唯一9週目から受けられる検査でしたが、神宮外苑ミネルバクリニックもココにアプローチしたということでしょうか?

『イルミナ(ベリナタは除く)』

と書いてあるということは、ベリナタ以外の検査会社ということですから、これは他の検査会社では?というのと、他のベリナタを使っている無認可クリニックはできないということですね?

となると、この9週0日から受けられる検査は話題の第3世代NIPTなのか?HPを見てみると・・・

スーパーNIPTのページにも同様の文言が書いてある・・・ということは?!

9週0日で受けられることのメリットは何?

これは、いろいろメリットがありそうです。

①1週間早く受けられることで得られる時間的余裕

これが最大のメリットですよね?1週間早く検査できるということは『1週間早く結果がわかる』ということ。陰性であれば当然安心できますが、陽性の場合でも1週間時間的な余裕ができますからご家族ともじっくり相談できる時間が増えるというもの一つの安心材料かもしれません。

②第1世代とは桁違いの検査精度の第3世代ということ

そして、神宮外苑ミネルバクリニックといえば国内唯一の第3世代NIPT。その他の国内施設は第1世代です。検査方法(胎盤由来の胎児のDNAを見つける方法と増幅方法)が異なるようで検査精度が格段に上がっているといいます。これも安心材料の一つですよね。そして、アラフォー応援コース(検査会社が異なるNIPTを同時に受ける)なども絡めれば羊水検査がいらないかもしれないくらいの陽性的中率で結果がわかる?

③10週0日で国内検査を受けるよりも早い?

どうしても比較してしまうのは検査結果がわかるタイミングがどうなるか?現在の国内最速は酷な検査態勢を構築している『ヒロクリニック』。最短2日、最長6日とHPで書かれています。仮に8/1に10週0日で検査したとすると、最短で8/3にはわかるということです。対して9週0日で受けた場合、1週間前の『7/25』に検査を受けることができます。HPには結果がわかるまで『7-10日』と書いてありますのでこちらも最短の7日で想定すると、結果がわかるのが『8/1』。これはヤバイ!

ここまでメリットがあるわけですから、当然疑問に思うこともあります!例えば

○なぜ9週0日でできるようになったのか?

○本当に第3世代なの?

○検査会社が変わったの?

○期間が短縮された分価格が高くなる?

は気になるところでは無いでしょうか?なので・・・電話しました!

神宮外苑ミネルバクリニックに電話してみた!

ボク:すみません。NIPTの件で伺いたいのですがよろしいでしょうか?
担当者:はい、ちょっとお電話替わりますね(ん?替わるの?)
降臨:はい、仲田です!どうされましたか?
ボク:あっ、はい、すみません。。。
HPを拝見してお電話したのですが、NIPTを受けられる週数が9週0日になっているのを見て・・・なぜ9週0日で受けられるようになったのですか?
仲田先生:そうなんです。9週0日からお受けできますよ。なぜ?ふふふ・・・
ボク:検査会社が替わったということですか?第3世代NIPTなんですか?
仲田先生:ふふふ・・・検査会社については申し上げませんよ・・・
ボク:では同時検査のアラフォー応援コースも9週0日で受けられるということですか?
仲田先生::あなた良く見てるね。その通り!アラフォー応援コースも9週0日から受けられます!
ボク:そうなんですね。HPに微少欠失症候群の検査項目が増えて『イルミナの検査には含まれておりません』って書いてあったんですが、検査会社が増えるということですか?
仲田先生:細かいところまでみてくれてありがとう。その通りですよ!
ボク:妊婦さんにはメリットだらけの気がするのですが、価格が高くなったりするのですか?
仲田先生:ふふふ・・・価格変更は一切ございません!これまで通りですよ。
ボク:なぜこんなことができるんですか?
仲田先生:なぜ?ん~内緒ですよ。それはさすがに・・・
ボク:すみません。何かヅケヅケ聞いてしまって・・・
仲田先生:いえいえ、もう大丈夫なのかな?
ボク:すみません。お忙しいところありがとうございました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
結論としては、

NIPTが『9週0日』から検査可能で価格は据え置き!

(第○世代かはハッキリとは回答もらえず・・・でもベリナタじゃ無いから第1世代ではない?)

でした。

今回は書いてませんが、無認可クリニック唯一の臨床遺伝専門医の遺伝診療(遺伝カウンセリング)を受けた上で検査に望めます。NIPTを受ける妊婦さんにはカウンセリング料は全て検査費用に含まれています。検査前は当然ですが、検査後においても回数制限なくカウンセリングを受けることができるのも不安を抱えた妊婦さんには安心できる材料だと思います。

より良い選択へのご参考として頂けますよう今後もこのまとめサイトをで情報更新して来たいと思います!

では!また次回。

コメント