【NIPT】発表!日本小児科学会のNIPT基本姿勢!(日産婦フライング問題)

【NIPT】発表!日本小児科学会のNIPT基本姿勢!(日産婦フライング問題)

先月6月22日に日本産婦人科学会が発表した、NIPTの新指針のフライング発表。
後に名指しされた、日本小児科学会や日本人類遺伝学会は即座に反応せず。(合意してるのに・・・)

妊婦さんには直接関係ない話・・・全然違います。関係大ありです!

この新指針が仮に認められると、
・コレまでは認定施設の病院のみであったNIPTが産婦人科開業医にも拡大される
・陽性だったら、連携している病院から医師が派遣されるとか・・・

拡大は良いことばかりではありません。
・産婦人科の医師であれば経験と知識が無くてもNIPTができる
・遺伝の知識などは人任せ

など、質の担保など二の次となりかねない。ひいては最終的に被害を受けるのは妊婦さんです。

まずは、ことの経緯からまとめてみます。
【関連記事はコチラ】
【NIPT】新型出生前診断、開業医にも拡大?まだです!ニュースの実態はこれです!
【NIPT】産婦人科学会の暴走問題で産科医の言い分を一つ一つ突っ込む!

NIPTを取り巻く問題。事の発端は・・・


日本産婦人科学会理事長、倫理委員会委員長名で出されたコレです。
要約すると、
小規模診療所(つまり開業医)にもNIPTを拡大するにあたって日本小児科学会と日本人類遺伝学会と議論を重ね合意をし、日本医学会・日本医師会も賛同した。今後は厚生労働省が検討する段階にある。
こんな感じです。

これに対し、合意したはずの日本小児科学会は、この内容に肯定も否定もせずHPで

母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)について
日本産科婦人科学会の母体血を用いた出生前遺伝学的検査(以下NIPT)に関する新たな方針について、本日(6月19日)報道がなされております。日本小児科学会として、現在実施されているNIPTの提供体制をより適切なものにするために当会が協力する内容については、後日ホームページに掲載する予定です。

※肯定していたらこの内容にはなりませんよね。

日本人類遺伝学会はHPでは情報発信されていないが、学会員でもあるこの先生が

誤報道であると仰っていました。

この報道はその後も産科医が自分たち側の立場で正当性を主張したり、日産婦の強引且つ悪意あるやり方が非難されたりと混乱することとなりました。

これに対する日本小児科学会の声明

そして、7月8日遂に日本小児科学会がこれに対する声明を出しました。それがこちら!

ちょっとふわふわしてて良く理解できないのだが・・・要点は

・これまで示している基本姿勢に変更は無いこと

・より良い体制で実施可能施設が拡充していくことは望ましいこと

一見、合意しているようにも捉えられてしまいそうな内容ですがこの『基本姿勢』を読むと良くわかりました。

小児科学会の基本姿勢の要旨

要旨
日本小児科学会は、成育基本法の精神に則り、成育過程にあるすべての子どもとそのご家族、妊産婦に対して切れ目のない成育医療を提供しています。小児科医の関与が不十分な体制でNIPT1実施施設の拡大を目指す日本産科婦人科学会のNIPT新指針(案)に懸念を表明し、多職種、多領域の人材がそれぞれ公平な立場で、さらなる議論を継続し、よりよい体制を整えて、実施可能な施設が増えていくことを求めます。

2019年3月5日日本小児科学会HPより

これが今回の(というかこれまでと変わらない)日本小児科学会の考えのようです。
ボクの育ちの悪い言葉遣いでまとめると

お前らの都合で勝手に決めてんじゃねぇよ!

ってとこでしょうか。※失礼しました

つまりどうなる?

日本人類遺伝学会はこの件に関しては、何も公式には発表はしていません(電話してみようかな?)いずれにせよここ半年間ストップしてしまっている

母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)の調査等に関するワーキンググループ

が始まらないことには議論も前に進まないということなのでしょうか。といってもまだワーキンググループ段階なので何かいろいろ決まるのはもっと先なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボク自身、今のNIPTは無法地帯になってる気がしてなりません。

1,日本産科婦人科学会の他学会との連携を無視した発表

2,認定施設でのカウンセラー任せのNIPT

3,コンソーシアムの検査条件緩和(以降、ルールは施設任せになっている)

4,無認可施設の医療の質の不均一化

5,株式会社のNIPT参入

これだけあれば、もう社会問題と思うのはボクだけでしょうか?全て影響を被るのは検査を受ける妊婦さん及びご家族です。厚労省の動きが活発化することを願ってやみません。

より良い選択へのご参考として頂けますよう今後もこのまとめサイトをで情報更新して来たいと思います!

では!また次回。

コメント