NIPTって医療費控除可能?【医師監修】

NIPTって医療費控除可能?【医師監修】

NIPTを調べてて、なんか違うんじゃないの?と思うことがあり、
いろいろ趣味を通り越してガチで記事を書いてきましたが、
今回はNIPTの費用は医療費控除可能なのかということについて書きたいと思います。

NIPTは医療費控除対象なの?

これはもうズバリ、No! です。

www.nta.go.jp/law/shitsugi/shotoku/05/80.htm

母体血を用いた出生前遺伝学的検査の費用
【照会要旨】
 妊婦に対して行う母体血を用いた出生前遺伝学的検査(以下「本件検査」といいます。)の費用は医療費控除の対象になりますか。

[本件検査の概要]
 本件検査は、妊婦から採血することにより行われ、母体の血液中に存在する胎児由来のDNA及び母体由来のDNAに含まれる遺伝情報を解析することにより、各染色体に由来するDNA断片の量の差異を求め、それらの比較から胎児の特定の染色体数的異常の診断に結びつけるものです。また、本件検査を行った結果、染色体の数的異常が発見されたとしても、それが治療につながるものではないとされています。
 なお、本件検査を受けるかどうかは妊婦の任意とされています。

【回答要旨】
 医療費控除の対象とはなりません。

 医師又は歯科医師による診療等の対価として支払われるものは医療費控除に該当しますが、いわゆる人間ドックその他の健康診断のように疾病の治療を伴うものではないものは、医療費控除の対象とはなりません。しかし、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には、治療に先だって行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断のための費用も医療費控除に含まれます(所得税基本通達73-4)
 本件検査は、胎児の染色体の数的異常を調べるものであって、診断の一種であり、また、本件検査を行った結果、染色体の数的異常が発見されたとしても、それが治療につながらないとされていることからすると、本件検査は、妊婦や胎児の治療に先だって行われる診療等と解することはできません。
 したがって、本件検査に係る費用は、医療費控除の対象となりません。

【関係法令通達】
 所得税基本通達73-4

このようにはっきり書かれてあります。

したがって、医療費控除の対象とはなりません。

要するにポイントは

その検査をして病気が発見されたときに、病気を【治療する】ことにつながるのであれば医療費控除が受けられるが
NIPTの場合は病気を治療するではなく、赤ちゃんが中絶されてしまうので、医療費控除の対象にはならない

ということですね.

結構シビアな回答ですね...

なんかもうちょっと優しい言い方があるんじゃないのって正直思っちゃいました。

以上、今回もボクがお勉強した内容をエビデンスとともに書いてみました!

次はなにをやろうかな?

乞うご期待!! 

**************************************************************
医学的な内容を発信するので、仕事でお付き合いのあるお医者さん達に内容に誤りがないか
レビューしてもらうことにしました。

このサイトの医学的内容の監修ドクター
外科専門医 DAIGO 先生
防衛医科大学医学部卒業、防衛医科大学校病院、自衛隊中央病院、各自衛隊基地の医務官を経て外科専門医を取得。専門は一般外科・総合診療。
救急診療医 JOHN 先生
東邦大学医学部卒業、同大学付属分院にて救急診療に従事。

コメント