第3弾!ミネルバクリニックの第2世代NIPTは実は第3世代だったようです!※検査詳細を比較します

第3弾!ミネルバクリニックの第2世代NIPTは実は第3世代だったようです!※検査詳細を比較します

今回は、先月もお伝えした神宮外苑ミネルバクリニックのスーパーNIPTについて

HPが更新されていました。今まで

「なんだかわからんがすごいんだろう」

とまでしか思ってませんでしたが、詳細が見えてきましたので是非参考にして下さい。

第2世代ではなく、第3世代だった!各世代ごとの違いは?

※詳しくお知りになりたい方は神宮外苑ミネルバクリニックHPまでどうぞ!
minerva-clinic.or.jp/nipt/super-nipt/

NIPTでは血液のままではDNAは微量のため、それを増やす作業が必要になります。

それがPCRというもの。

各世代で増幅したDNAの検査の方法や読取深度が異なるようです。

また、国内で行われているNIPTにおいてはミネルバクリニックのスーパーNIPT以外は

ほぼ第一世代と思われます。

認定施設はほぼシーケノム社(第1世代)

無認可施設もベリナタ社・ユアジーンヘルス社(第1世代)

となります。

※ナテラ社のNIPTは第2世代に該当しますが、国内で扱っている施設は

数少ないものと思われます。

第3世代NIPTの実力はどうなのか?

【まずはこちらをご覧下さい】陰性的中率100%は現行のNIPTでもあり得る数値かもしれませんが、特筆すべきは赤枠の中
T21・T18の陽性的中率が100%!!
当たり前のことですが、100%ということは偽陽性がないということ。ということは
確定診断(羊水検査等)を受ける必要がない!
ということですよね。(素人の邪推でしょうか?)これ凄くないですか?

他世代のNIPTとの比較

※神宮外苑ミネルバクリニックのHPよりminerva-clinic.or.jp/nipt/super-nipt/
こちらはロシアの首都モスクワの医療機関が発表した他世代NIPTとの比較です。

2019年発表で、2016年からの3年間に合計約7200例の症例を集めているということは、ロシアのなかでも大きな病院ってことですよね。

日本にしたら、首都、東京で成育医療センターに匹敵するってことでしょうか。

パノラマはナテラ社のNIPT、ハーモニーはアリオサ社のNIPTの名称です。
サンプル数の違いこそありますが、偽陽性が目立つ第2世代に対し、第3世代は偽陽性ゼロの成果です。

ふと、携帯電話を思い出したボク…

僕が携帯電話を持ち始めたときは、なぜが話すときにアンテナ伸ばしてたなぁ・・・
20年前ですが。それが今では5G の時代でもはや何でもできてしまう時代です。
NIPTも今後第4世代そしてその先も新しい技術で可能性はドンドン広がっていくでしょう。
※国内は技術を使う・提供する側に問題があるところもありますが…これはまたの機会に!
以上、今回もボクがお勉強した内容と主観をたらっと書いてみました!次はなにをやろうかな?乞うご期待!!
しかし、忙しいだろうにミネルバクリニックの仲田先生はいつHPを更新しているのだろう?
頭が下がります。勉強させてもらってます!

コメント