NIPTを行うデメリットとは?【医師監修】

【医師監修】NIPTを行うデメリットとは?



NIPTを実施するにあたって、メリットだけではないですよね?
以前、メリットについてはまとめました。

nipt-matome.com/2019/10/19/nipt_in_tokyo/

今回はNIPTを行うデメリットについてご紹介します。


新型出生前診断(NIPT)のデメリットとは?

偽陽性がある

例えば、NIPTダウン症が疑われるという結果でも、ダウン症ときまるわけではありません。

陽性が本当に陽性である確率は年齢によって影響を受けます。
 
minerva-clinic.or.jp/nipt/content/aboutnipt/chapter5/sensitivity-specficity/
 
こちらのサイトにまとまった説明が載っているので、参考になると思います。
陽性的中率がなぜ年齢ともに上がるのか、は
年齢とともにトリソミーのお子さんを妊娠する確率が上がるから
ということです。

偽陰性もある

NIPTでは偽陰性もあります。

大体1万人にひとりくらいと報告されているようなのですが・・・・・・。

ameblo.jp/050706201020/entry-12200548105.html

このブログは、無認可施設で陰性だったけど、18トリソミーだったかたのものです。

自閉症などの発達障害はわからない

最近増えていて、皆さんが心配されている発達障害はわかりません。
認可施設では13番、18番、21番の3つの染色体が1本増えているトリソミーがわかるだけです。無認可施設では全部の染色体と、少しずつ医療機関によって内容は違うようですが、微小欠失症候群がわかるようです。

きちんと理解してNIPTを受ける分には、そう大きなデメリットはないのかな、という印象を受けました。
**************************************************************
医学的な内容を発信するので、仕事でお付き合いのあるお医者さん達に内容に誤りがないか
レビューしてもらうことにしました。

このサイトの医学的内容の監修ドクター
外科専門医 DAIGO 先生
防衛医科大学医学部卒業、防衛医科大学校病院、自衛隊中央病院、各自衛隊基地の医務官を経て外科専門医を取得。専門は一般外科・総合診療。
救急診療医 JOHN 先生
東邦大学医学部卒業、同大学付属分院にて救急診療に従事。

みなさんはどうおもいますか?


コメント